2/2土曜サイクリング

きむにーです

北関東では強い西風の予報ですが、目的地は佐野

シクロ転戦中メンバーも加え、みさか集合は5名

お店に立ち寄ったOパパが撮ってくれました

往路は久喜、栗橋、古河、藤岡、佐野

利根川までは陽気も穏やか、ペダルも軽やか

鷲宮のセブンで休憩一回目

k藤くんのバイク、艶なしグレーの色がいいなあ

昔、夢中でプラモデルを作ってた頃を思い出した

ハセガワ1:72、Me Bf109、塗装前の原色

R4で利根川を渡って古河市に入ります

整備された市街地を、公方通り、日光街道で通過

R4バイパスに出る直前で左折、渡良瀬遊水地へ

遊水地の北側を廻るルート、実はワタシも初めて

向かい風なのに、体感ペースは寧ろアップ(汗

背の高い群生ヨシが青空に映えるなあ

写真でも撮っとくか、なーんて思ってると

あっという間に置いて行かれ、もう追い付けない

佐野古河線、新開橋で渡良瀬川を横断

川を渡って左折すると、待ち受けるのは強い西風

東北道下を潜るあたりまでが、結構厳しかった

風は強い、大型車は多い、レーシングは速い

「もうあかーん」と思い始めるとこにあるセブン

確か数年前、佐野に行った時にも寄った気が

するとS木さんも来た覚えがあるという

そういえば一緒に来ましたねぇ、忘れてた

S木さん、見た目が「高倉健」だからなぁ

ホントは違うのに、寡黙に見えてしまう笑

佐野バイパスを越えると、目的地はもうすぐ

佐野古河線を外れて市内を北西に進みます

11時半、目的地、「野村屋本店」に到着

古びた路地側の引き戸を開けて店内の座敷席へ

「野村屋本店」、名物「耳うどん」のお店です

耳うどんは、この地で食されていた正月料理

耳は人の耳ではなく、悪魔の耳

人の不幸を聞きつけ、付け入ってくる悪魔

先手を打って耳食べちゃえ、ということらしい

佐野名物セット

耳うどんと大根そばが同時にいただけます

ワタシも前回はこれを注文しました

耳うどんは柚子の香りが効いていたっけ

正月料理らしく、お雑煮のようでした

今回のお目当てはこちら

カレー煮込み耳うどん大(餅、チーズ入り)

前回来た時に、「次はこれ」と決めてました

漂う香りにノックアウトでしたから笑

うどん、カレー、チーズ、餅、不味い訳がない

「耳」はこちら、何気にリアルだったりして

平成の次も、きっと昭和が続く店内の雰囲気

人気店らしく、我々の食事中にも来店客が続々

8時30分出発にしといてヨカッタ

この店は、駅前通り側に今風の入口も

駅方面から来る時は、この暖簾が目印

恒例、セブンカフェでデイドリームをビリーブ

佐野まで来れば、SYDはお約束でしょう笑

二月になりましたが、参拝客は途切れてません

さすが、関東の三大師の一つ

帰路は館林、羽生、行田、ヘルシーロード

利根川までは、進路は南南西

斜め前からの風に、しつこく悩まされる

R122をヨロヨロ戻って「道の駅 はにゅう」

ヘルシーロード、やっと風が味方になった

けれど、既に脚は売り切れ寸前

菖蒲のコンビニでOパパに電話

御宅で勝田サザコーヒーを御馳走になることに

(朝、みさかでご招待いただきました)

旨かったあ、今度は秘蔵のアレを是非笑

またお願いします

走行距離:110km

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする