4/20 土曜サイクリング

きむにーです

前回のブログで、「令和3年は3年後…」

スイヤセン、2年後でした

もう元年なんですよね

目的地は足利、みさか集合は3名

往復路とも、利根川まではヘルシーロード

追い風気味で快調なペース

利根大堰の橋を渡って群馬県へ

すぐ右手に現れる、「ジョイフル本田千代田店」

建物?壁?黒々したちょっと不審な建築物が延々

ここ、めっちゃデカいっすよね

DIY愛好者にはたまらない場所なんだろうな

ワタシもそのうち体験入店してみたい

邑楽郡狸塚のセブンで休憩二回目

R50を越えると、目的地はもうすぐ

到着したのは「足利麺」

開店は11時30分、到着は12時頃

満席で少し待ちました

ワタシのオーダーは「チャーシューメン」

見ためは普通だけど…

S山さんは、「から揚げラーメン」

スゴいボリューム

でも、もっとスゴいのは、「麺」

見てくれも食感も、ワンタンの皮みたい

この店のウリは「ひもかわラーメン」

普通の手打ち麺や細麺も選べます

濃いめのスープが麺にマッチしてウマい

味噌スープなら、もっと合う気がする

ラーメン感は、正直、あまりないかなぁ

ザキヤマさんは、手打ち麺のチャーシューメン

佐野ラーメンに近い感じだそう

チャーハンは、シンプルで懐かしい味

広い座敷も満席になる、地域の人気店でした

食後は渡良瀬川を渡って足利市内へ

「史蹟、足利氏宅跡」に立ち寄りました

四方に門、土塁と堀で囲まれた武家屋敷跡

堀の鯉に餌をやる母子の姿が微笑ましい

敷地内に「鑁阿寺(ばんなじ)」の建築物が点在

国宝の本殿をバックにパチリ

地元では、親しみを込め「大日様」と呼んでます

樹齢650年の大銀杏は、紅葉が見事らしい

すぐとなりにある「史跡、足利学校跡」

門を入ると、うれしいことにバイクラック

入学金は420円也

向学心に燃える二人、視線の先に見えるのは?

開校は平安時代、室町時代など、諸説あり

いずれにしても、日本最古の学校

各時代の為政者の保護も手厚かった様子

お茶でも飲みたくなる縁側からの眺め

新元号に新一万円札、流行にも敏感です

もっとも、両方に関われること自体がスゴい

渋沢栄一直筆の来訪者名簿

同じく、渋沢栄一直筆の書

親近感を持たせる、上手過ぎない筆跡

学校生活で知力・気力ともに充実した二人

残念ながら、卒業証書はもらえませんでした笑

赤岩の渡しで利根川を戻りましょう

船着き場の近くで映画のロケをやってました

タイトルは「一粒の麦 荻野吟子の生涯」だとか

地元の熊谷付近で、4月からのロケ開始らしい

流行は「翔んで埼玉」だけじゃないぜっ!

ネタの宝庫、埼玉の奥は深いのであった笑

帰路のヘルシーロードは向かい風

いいトレーニングになりました

またお願いします

走行距離:111km

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする