11/16土曜サイクリング

きむにーです

快晴無風のツーリング日和

ただし寒暖差10℃は、ちょっと厭わしい

生足からシューズカバーまで、ウェアもさまざま

みさか集合は7名

荒川を渡るとすぐに、iwaさんの後輪がパンク

原因はガラス片でした

手際よく修理して再出発

冴えた空気に富士山もスッキリ

入間川を渡って川越方面へ

増水を耐え抜いた沈下橋、よくぞ頑張った

日高まで小畦川と並行するルート

見える景色は、日常を回復しつつある印象

しかし高麗川を渡る新井橋は、大破のまま放置

押し寄せた流木が、濁流の凄まじさを物語る

迂回ルートを取って、武蔵台団地を登坂

街路樹は、ちょうど見頃の色づき具合

往路最後の休憩は、飯能下名栗線のセブン

山里の風景には、変わらずほっこり癒される

写真だと、走りやすそうに見えるルート

実際は路肩が狭く、クルマも多くて緊張する

名栗から下ってくる時は、快適なんだけど

空いてる対岸の旧道は、再来年まで一部工事中

それまではこのルート、下りメインで使いたい

「HAMA」のステーキ丼は、今回もお預け

前方左手の山頂に、白衣の鳥居観音が見えてくる

間もなく、右手斜面に浮かぶテラスと黄色の建物

「Country Café Turnip」が今日の目的地

急坂をダンシングで少し上って到着

バイクラックが二列、その奥にも駐輪スペース

入口にはポンプも置いてある

天気も眺めも最高なので、迷わずテラス席へ

店内もカントリー調でいい感じでした

観音様と、参道沿いの建立物がよく見える

山を覆う林は、ほとんどが杉

鮮やかに紅葉してるのは、参道沿いの広葉樹か

ランチセットはサラダから

タコライス

以下、メンバー間のやりとり

「少し前まで、蛸ライスかと思ってた」

「それって、蛸飯でしょ」

「タコライスって沖縄料理なんだよ」

「えっ、そうなの」

「本場で食べたら、ヤギ肉だったので参った」

「ヤギって、あのヤギ汁の?」

知ってるようで知らなかったタコライス

ワタシもこれ、メキシコ料理だと思ってた

ソンブレロの人達は、全然関係ないんですな笑

焼きカレー

カレーは中辛、ホームメイドな感じ

チーズとカレーの間には、半熟の目玉焼き

熱々だけど、まろやかで食べやすい

アウトドアランチって、こんなに気持ちいいのか

料理、景色、外気、陽射しを同時に楽しめる

同じメニューでも、店内で食べるより絶対ウマい

思いがけず、ランチタイムがハッピーでラッキー

セットドリンクのアイスコーヒー

テラスで飲めば、「まあ、悪くないか」

でも店内だったら、ちょっと寂しかったかも

コンビニコーヒーも、最近は美味いからなあ

セットメニューは千円以下、お得感あり

みさかでも使えるPayPayもOK

次回は「鳥の香草焼」をいってみたい

帰路はまず、往路を逆走して飯能市街へ

入間川、まだまだかなり濁ってる

土砂はどこから来て、いつまで続くんだろう

歩道にも、所々に乾いた泥が溜まってる

増水時は近隣の方々も、さぞ緊迫したでしょう

今、こうして長閑な風景を楽しめることに感謝

やっぱり、このルートは飯能方面に下るに限る

あっという間に往路でも休んだセブンに到着

飯能市街を抜けると、後は入間川CRで直帰

川面が近いので、走れるのかが実は心配だった

すると、M原・H部両氏から貴重な情報が

先週(?)、山ばっかメンバーで走ったらしい

豊水橋手前の一部を除くと、走行可能だそう

情報通り快適に走行でき、16時にみさか帰着

山でも平地でも、定番ルートが普通に走れること

以前は当たり前、でも今はそれがとても貴重

そこに、滅多にない絶好のサイクリング日和

この気持ちよさ、ワタクシ的には今年の一番かも

またお願いします

走行距離:107km

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする