8/1土曜サイクリング

きむにーです

悪天候のため、四連休は完全巣籠もり状態

まさか、全然走れないことになろうとは(汗

梅雨明け近し、身体を夏モードにしておかないと

今回は、ザキヤマさんを誘ってコソ練しよう

8時前、約束の領家工業団地ファミマに到着

するとそこには、なんとY田さんの姿

まもなくKスミさんも到着

「あれぇ~、おやおやぁ~笑」

よっしゃ、旅は道連れで行きやしょう

往路は物見、越生、桂木観音、毛呂山

太郎右衛門橋先の荒川CRは、草刈りが終了

休憩一回目はトモロー

ムワっとする空気が気持ち悪い

汗が乾かず、身体がいつまでもベトベト

最高気温は30℃を超える、との予報

熱中症にならないよう、休憩多めを心がけよう

最後にいつ物見山に来たのか…覚えてない

日頃の不摂生を、これでもかと思い知る

なんだよー、こんなんじゃ、全然ダメじゃん

毎度、上り切って思うのは「やっぱここが基本」

そして、「またすぐ来よう」とも思う

だけど、実際に行ったためしは全然ない

なのに、たまたま次に行くと、きっとこう思う

「最後にいつ物見山に来たのか…覚えてない」

日頃の不摂生を、これでもかと思い知る

なんだよー、こんなんじゃ、全然ダメじゃん

毎度、登り切って~~

そして、「またすぐ来よう」~~

だけど、実際に行った~~

なのに、たまたま~

(以下、無限ループ)

スイヤセン、ワタクシ、こんな奴なもんで笑

なんだかんだ言っても、走るのは気持ちいい

蒸し暑いのは、これからの季節、当たり前

桂木観音への上り、木陰が涼しくて快適

のはずが、すぐに川上り状態に(汗

この辺り、今朝、相当降ったんですね

毛呂山直降ルートと桂木観音ルートとの分岐点

ひとりグラベルのワタクシ、ドンけつで登頂

バイクのせいにするけど、ホントのところは…

桂木観音への最後の上りは、コンクリ路面

ワタクシ、ここでやっちゃいました

立ち漕ぎ中にリヤタイヤがスリップ

「あっ」と思う暇もなく、足が地面に(汗

こうなると、再び漕ぎ出すテクはなし

諦めて、てっぺんまで押し歩き

FANTAがウマいから、ま、いっか笑

雲も多いけど、久しぶりの青空が清々しい

午前中でまだ涼しい風が、なんとも爽やか

ヘロヘロで、観音様への階段を上る余力なし

水難と疫病の退散を祈願して見上げときました

ここからは毛呂山方面へ下山

越生ルートと違い、路面はほぼドライ

ただし、苔むした急斜面が多くてちょっと怖い

恐る恐る、ソロリソロリと下る一同

毛呂山からは、岩殿岩井線で戻ります

途中、直帰するY田さん、Kスミさんが離脱

ランチは途上の「木村そば屋」

オーダーは、ざるそば大700円

そばは、注文を受けてから打つらしい

しばらくして、厨房からそばを切る音がトントン

味わいは、見てくれどおりの田舎風そば

瑞々しさ、風味、喉越しも期待通り

ざるがうれしい季節の到来も相まって「ウマい」

ざるそばにも、野菜天がつくのでお得

店を出るとすぐ、ご主人からバナナの差入れ

「また来てね」と暖かく見送ってもらえました

「またすぐ来よう」とも思う

だけど、実際に行った~~

いかん、マジで「またすぐ来まーす」笑

真夏到来に向けた準備、そこそこできたかな

あとは、台風被害が少ないよう祈るばかり

みさか帰着後、ママさんから梅雨明けの報が

走っているうちに明けちゃったのね…

例年になく、先々の見通しはとても立てづらい

急がず焦らず、マイペースで夏を楽しむとしよう

またお願いします

走行距離:78km

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする