8/15土曜サイクリング

きむにーです

上尾近辺でも、最高気温が体温を上回るとの予報

「サイクリングで熱中症」は、絶対に避けたい

休憩、日陰、水場多めのルートで行きましょう

往路はキャンプ場、嵐山、小川町、東秩父

朝から日差しがチクチク、風が涼しいのが救い

いつまでも走っていたい圏央道下の日陰

戸守、高坂で小休止してキャンプ場を通過

するとそこで、仲良しU田夫妻と遭遇

早朝に出発して一回り、ここで涼んで帰るそう

「途中で懐かしいメンバーに合ったわよ」

メンバーとは、「C調パラダイス」ジャッキー

ソロで松郷に向かうジャッキーに出会ったらしい

この猛暑に峠に行くとは、いい根性してるなあ

「暑さに気をつけて」と挨拶を交わし、再出発

月田橋を渡ってすぐ右折、ときがわ桜堤へ

ここは日陰がちで眺めもよく、手洗所もある

この時期の鉄板ルートに登録決定ですな笑

全般に、思ってたより風が涼しく、ペースは順調

時間調整を兼ね、小川町の道の駅で長めに休憩

出発しようとすると、摩訶不思議な御仁が登場

一見知らない人、でもあのピナレロは知ってる

…?

なんと、松郷帰りのジャッキーじゃないっすか

「おおー、久しぶり!」

最後に会ったのは、確か今年(去年?)の初走り

めっちゃスリムになって、誰か分からんかった

聞けば、今のウェイトはワタシとほぼ同じ

ヤバイ!上りで負けちゃうじゃん(汗

今日は、これから榎本牧場経由で帰還するという

そのうち、また一緒に走りましょう

ジャッキーと別れ、落合方面へ再出発

道の駅「和紙の里ひがしちちぶ」を通過する頃

今日の目的地、「そば処奥沢」に到着

奥沢とは、この辺りの地名らしい

店の前は何度も通ってるけど、いつも混んでる

「開店直後なら…」と、初めて訪問することに

オーダーは全員、もりそば大盛と天ぷら

一巡目で入店できたものの、直後に満員

店を切り盛りするご夫婦は、てんてこ舞い

揚げそばをかじりながら、ゆっくり待ちましょう

細切りの見目麗しいそばは、素朴な香り

口に含めば味わいは上品、喉越しもいい

この清涼感は、猛暑に耐えたご褒美ですなあ

ミニトマト、花オクラ、かぼちゃ、かき揚

天ぷらは季節に応じて変わるらしい

揚げたて、サクサク、なのに200円

そば湯もドロッと濃くて、うんまかった

店のすぐ近くで、地下水が無料提供されてます

猛暑の折、道ばたに無料の地下水の蛇口がある

この有り難みを一番感じるのは、多分自転車乗り

水質調査もしっかり、安心して飲める

そばを始め、水がいいと何でもウマくていいな

帰路は往路の逆走コース

小川町の道の駅から槻川を渡ってすぐの場所

「天然氷」の表示につられ、フラッと立ち寄り

店は「オーガニックカフェ 茶処 MOMO」

よしずはある…、けど屋外はさすがに暑そう

しかしラッキーにも先客はなく、店内に着席

窓は全開、扇風機は「最強」、涼しさは…(汗

まあ、雰囲気と景色がいいから良しとしよう

いちごスライス・ジャムのせかき氷もウマかった

暑くてすぐ溶けちゃったのが残念だったけど笑

帰路のときがわ桜堤、日陰が増えていい感じ

手洗所隣の水飲み場で、水を頭にジャバっと

キャンプ場でも水を被ってクールダウン

木陰を縫って吹き抜ける風、チョー気持ちいい

高坂のファミマで最後のコンビニ休憩

頬張ったガリガリ君をコーラで一気に流し込む

キーンとくるこの感じが「生きてる~」笑

最高気温を記録する時間帯、風が時々ムッとくる

荒川CR圏央道下の日陰でも小休止して水分補給

後半は結構キツかったけど、16時前に無事帰着

日陰と水場を走り繋ぐルートがよかったみたい

この猛暑、予報ではまだしばらく続くらしい

当面は気をつけて走りましょう

またお願いします

走行距離:102km

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする