2014.04.19

土曜日サイクリング / 2014.04.19
『多少の上りは覚悟してね♪』というLady隊長の掲示板投稿に、少々の猜疑心を抱きつつ
土曜日サイクリング参加させていただきました。
本日、お集まりの方々は総勢11名です。
内訳は、女性×3名、男性×8名・・・この中に怪我療養中のPROの方も途中まで参加です。
新中学生から人生のベテランまでの幅広い年齢層の方々です。
先日、参加された新人さんもビンディンペダル+ロードシューズ着用で参加です。
01 20140419
02 20140419
03 20140419
記念撮影を済ませ、9時過ぎに出発します。
04 20140419
05 20140419
予定の行程は・・・
戸守コンビニ休憩⇒物見⇒しろくまパン休憩⇒未定です。
06 20140419
07 20140419
体力等に個人差がありますので、各々、辛くない速度で移動します。
戸守コンビニで休憩&再集結ですので、慌てず騒がず落ち着いて走行します。
今日も朝からナイスな向かい風でヤル気がモリモリです(個人的妄想です)
かなりの体力を消費して、戸守コンビニに到着しました。
ここで、朝練習帰りの高校生君と待ち伏せ的なベテランの方が加わりました。
今日は、リハビリ中のPROの方が、いらっしゃいますので、PROの方と記念撮影を、お願いします。
気持ちよく承諾されたPRO様・・・流石です&ありがとうございます☆☆☆
08 20140419
09 20140419
10 20140419
11 20140419
12 20140419
13 20140419
休憩後、早俣橋を越え、物見山へ向かいますが、高坂駅周辺の渋滞が凄いです。
物見山の上りでは、皆さんの後ろ姿を見つつ上りますが、坂の中間地点で既に皆様の姿は、殆どありませんでした。
物見の頂上で、PROの方は、帰還されました・・・ここまで、ありがとうございます。
物見を下り、再集結地点の鳩山ローソンで合流します。
その後、しろくまパンに向けて再出発!
再出発後に、すぐに千切れてしまい青色吐息で、しろくまパンへ到着します。
14 20140419
15 20140419
各人、コーラー、○○パン、その他で補給をしますが、サイクリスト以外の方々も数多く来店され、品薄状態でした。
16 20140419
16-1 20140419
17 20140419
18 20140419
20 20140419
21 20140419
何処を通って帰りましょうかのLady隊長も問いに・・・
芝桜を観て帰りましょうとの御提案の方に道案内を頼み、また、多少の坂を上ります。
明覚駅近くの芝桜が綺麗に咲き誇る場所で、しばし季節を眼にします。
ここって、個人様が管理しているのでしょうかね?
とても、綺麗に咲いています。
22 20140419
23 20140419
24 20140419
24-1 20140419
25 20140419
鑑賞後、明覚駅前⇒キャンプ場⇒戸守コンビ休憩の行程で出発します。
キャンプ場付近から、各人の力量差が出て、自然とグループ分けになります。
戸守コンビニ休憩で、各人、立ったままや座り込んで補給をします。
26 20140419
27 20140419
28 20140419
29 20140419
30 20140419
31 20140419
休憩後、何故か一日中、向かい風の中を出発しますが、程なく速度差で二分割&三分割となります。
心優しいLady隊長は、太郎衛門橋の入り口で待っていてくれました・・・あざーす(*^_^*)
32 20140419
その後、一部の方は、流れ解散となりましたが全員無事に、みさかサイクルさんへ到着しました。
33 20140419
到着後、昼食を食べる方を募り、『どん亭』さんにて、ちょっと遅めの昼食となりました。
ここは、ランチメニューが豊富で、宜しいかと。
残念ながら、今回、素敵な昼食の写真は、ありません・・・ごめんなさいね。
今日も、皆様、ありがとうございました。
特に、Lady隊長のピシッとした仕切り&心優しい配慮、それに同走していただいた皆さんのお陰で、
とても楽しく過ごせました。
ありがとうございました&また、宜しくお願い致します。
撮  影:参加された皆さん
走行距離:約76km

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Y岡 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お疲れさまでした。今回のライドで一番面白かったのは帰りの早俣橋の上りで、何らかの理由で前が一瞬詰まった瞬間に、I川さんを含む数名が発射し、縦一列の集団が横に膨らみました。こりゃ置いていかれては困ると私も後に続きましたが、大人数だからこそ出来る掛け合いで、実に楽しかったです。またお願いします。