5/19.20.21「2018スポニチ佐渡ロングライド21」

今年も、恒例になってしまった「佐渡ロングライド210」に参加してきました。

参加者は、昨年と同じメンバーのK野、K野Jr. YGCの男子のみ3名

参加したカテゴリーもいつもと同じ「サドイチ210Km」です。

  • 1日目(5月19日) 移動と前夜祭小雨そぼ降る中、早朝4時半過ぎに出発。今年は、いつもの新潟港から両津港ではなく、直江津港から小木港のコースに変更したので、高速フェリーのターミナル直江津港目指して、関越道~上信越道を快調に走ります。佐久平PAで小休止のあと、順調に直江津港に8時半頃到着

CIMG0779 CIMG0780
双胴船の高速フェリー「あかね」は、指定椅子席で、デッキは後方のみにあり、カモメと遊ぶことも禁止されていました。ほぼ定時に出港したけど、強風が吹き荒れていたので船は大揺れ!気持ち悪いことこの上なし!我慢の時間を過ごしているうちに、やっと苦痛の2時間ほどの船旅も終り下船。お昼の時間ですが、まだ気持ちがよくないので、街並み保存地区の宿根木へ観光に行くことに・・・。 冷たい雨が風に翻弄されながら降っています。

まず、佐渡国小木民俗博物館で再現された千石船「白山丸」をじっくりと見学

CIMG0783 CIMG0784 CIMG0785 CIMG0786 CIMG0787 CIMG0788

雨も小降りになったので、街並み保存地区へ歩いていきます。

CIMG0790CIMG0791

吉永小百合さんのポスターでおなじみの三角家

CIMG0792

路地を抜けながら、清九郎、金子屋

CIMG0793 CIMG0794 CIMG0796 CIMG0797 CIMG0798 CIMG0799 CIMG0800

体調も大分良くなり、お昼を摂りたいが、この辺り唯一の食事処「やました」が満席だったので小木港まで戻って、「おぎや」で遅い昼食、ぶりカツ丼、かきあげ丼とながもそばを頂きました。

CIMG0801 CIMG0802

時間も押してきたので、前日受付と前夜祭会場のある真野~佐和田へ向かいます。

途中、いつも立ち寄る真野鶴酒造へ。試飲のあと、なぜか日本酒を買わずにワインを購入

CIMG0803 CIMG0804 CIMG0806CIMG0808

受付の後、前夜祭会場へ いつもは屋外ですが、今年は天候の所為か体育館内で催され、

歓迎の鬼太鼓、役員のあいさつ、モデルの石垣美帆のトークショー、抽選会と続き、我チームは、ヘルメットとボトル(写真なし)をゲット

CIMG0809 CIMG0813 CIMG0815

会場内にいても寒くなってきたので、早々に退散して本日の宿(両津)へ到着。

ホテルの6階からは、加茂湖が良く見え、

CIMG0817 CIMG0818
CIMG0819 CIMG0822

夕食です。

  • 本番(5月20日) 210㎞を走る!

3時起床、前日頂いた弁当を食べ、会場から少し離れた駐車場に到着。

準備をしてスタート地点へ

雨は上がっていて、今のところ風もない。最高気温は21°の予報

CIMG0824

今年は、落石の影響でコースが変わり、勾配が厳しいコースが増えたのでスタート時間が30分早められています。

18人毎、15秒間隔でスタート、我々は、5:23にスタートとなりました。

真野湾を左に見て、順調にスタート、UP-DOWNを繰り返し、20㎞先の「相川AS」に到着。そば、饅頭とかを補給します。

CIMG0827 CIMG0826

次のエイドは、40㎞地点の「入崎AS」、可愛い中学生とバナナ、きなこ餅等々

スタート時は曇っていた空も晴れてきて、青く輝く海を眺めながら気持ち良く走ると話題のZ坂に近づいてきました。

CIMG0830

Z坂の展望から一枚 海が綺麗ですねえ!

CIMG0832 CIMG0833

Z坂を過ぎ、小さなトンネルを抜けて大野亀を望む一枚

CIMG0835

大野亀に近づいて一枚

CIMG0836

大野亀を上がったところでK野Jr.の一枚

CIMG0837

この辺りは、トビシマカンゾウの群生地で、6月になると一面、黄色い花で覆われる観光地になっています。例年だと、咲き始めている時期ですが、今年はまだ咲いてなかったので、ちょっとがっかり!

向かい風の中、少し走ると72㎞地点の「はじき野AS」に到着です。

美味しい一口サイズの俵型のおにぎり、バナナ、オレンジなどを補給

CIMG0839 CIMG0840 CIMG0841CIMG0845 CIMG0846  CIMG0847

ここは、佐渡島最北端なので、これからは南に向かうことになり、北西の風に押されて軽快に約28㎞を走り、「両津BS」に到着。気温も上がり暑いくらいになってきました。

まだ10時半くらいですが弁当の時間です。大変な賑わいですね。

休憩もそこそこに出発、約6㎞ほど進んで、変更になった厳しいコースに入ります。ここからは長い登り坂になって、高低差約400mを稼ぐことになりました。脚の回らない私は、やっとの思いで頂上(約115㎞)にたどり着くと、そこには、この先、狭く長い下り坂になるので、登りと下りの30分毎の交互通行に規制されるため、大勢の選手が待機していました。

しかし、それほど待つこともなく通行可となり、集団で下りはじめます。慎重に下っていると、落車があったようで、路面に寝かされている場面に遭遇。また今年も事故が起こってしまいました。

きれいな海の向こうに本土を見ながら安全に下りきってから、海岸沿いに20㎞ほど走って、130㎞地点の「多田AS」に到着。

補給と一年ぶりに再会した「悪魔おじさん」と戯れ、早々に出発

CIMG0849

佐渡海峡を左手に、風に押されながら走って155㎞地点「小木AS」に到着です。

名物のしんこ餅、わかめ汁を頂きました。

CIMG0851 CIMG0852

佐渡島の最西端を目指して走り、途中のビューポイント長者ヶ橋で写真

CIMG0853 CIMG0854 CIMG0855 CIMG0856

最西端の沢崎鼻からまた200m近い上りが始まり、悪戦苦闘の末、登り切る手前に悪魔おじさんがエールを送ってくれてます。いつものことながら、ママチャリで良く登るなあと感心しきりです。

CIMG0857
登り切ったら平地を少し走り、下りきると向かい風になった素浜海岸沿いを数キロ走ると最後のエイド「素浜AS」に到着

補給の後、少し戻って左折、再び125mの上りになりますが、前よりも少し楽なので気軽に上がり、R350に合流したら、結構な向かい風を受けて、道なりにひたすらゴールを目指して走ります。途中、最後の長いだらだら上りがありますが、これを越えると左手に真野湾を望みながら、最後の力を振り絞って走り、ついにゴールに辿りつき、名前を絶叫されながら3人同時にゴールしました。

ゴール後のご褒美を頂き、記念撮影!

CIMG0859CIMG0862

寒くなってきたので今日の宿、民宿敷島荘に行き、早々に夕食。 全部美味し!

CIMG0863

3日目(5月21日) 帰路

今日は帰る日。朝起きたら風もなく天気は最高!

朝飯前に宿近くの稲鯨漁港付近を散策

CIMG0865CIMG0867

CIMG0868 CIMG0869 CIMG0870 CIMG0871
朝食

CIMG0873

七浦海岸にある「めおと」でお土産を買い、

CIMG0874

小木港に戻って、たらい舟を体験

CIMG0876 CIMG0877 CIMG0881CIMG0879

CIMG0882 CIMG0886 CIMG0889 CIMG0891 CIMG0892 CIMG0889

モータボート観光も

乗船前に小腹が空いたので腹ごしらえ

CIMG0897CIMG0898

高速フェリーに乗船

CIMG0900 CIMG0903

帰りの海は穏やかで、船の揺れもなく快適な1時間半でした。私はぐっすり寝ることができました。

船を下りて、やっぱり美味しい寿司を食べようと、直江津港近くの富寿しへ

極み丼、にぎり、ノドグロを美味しく頂きました。

CIMG0905 CIMG0906 CIMG0908

上信高速道路も順調で、横川SAで休憩後、18時頃お店に戻りました。

ロードバイクの走行距離:201㎞ 獲得標高:2560m(by route lab)

車の走行距離:723㎞

(by K野)(Photo by YGC)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする