9/21サイクリング日記

きむにーです

休日で、終日降らなそうなそうなのは久しぶり

ちょいロング、坂も上って走った感を味わおう

往路は日高、高麗、R299、正丸峠、山伏峠

日高高校手前のコンビニで休憩一回目

湿度やや高め、でも涼しくていいペース

昨年の台風19号で大破した高麗川の新井橋

復旧はまだまだ先になりそう

高麗からR299を秩父方面に向け北上

東吾野のファミマで休憩二回目

ここは、正丸峠に至る最後のコンビニ

5個入りのミニあんパンを買って2個食べる

残り3個はフロントバッグに収納

いざという時、補給物があるってとても安心

自宅まで持ち帰ることになるのが殆どだけど

歩道が多少荒れていても、グラベルなら余裕

過ぎ去る景色と気持ちいい走りを同時に楽しめる

風情ある吾野宿の通りをゆっくりと通過

勾配がキツくなり、一休みしたくなる頃

正丸峠への登り口との分岐、正丸トンネルに到着

ここでR299を逸れ、峠まで旧道を登坂

登坂直後に分岐する刈場坂線は、引続き通行止め

正丸峠までの上り、体感では定峰よりもやや緩め

おしゃべりしながら楽しく上れました

とはいえ、ゆっくりなので頂上が遠い(汗

やっとこさ、峠の奥村茶屋に到着

正丸峠、何度か来てるけど達成感は正直今ひとつ

緩いから?景色?なんでだろう…

もっと視界が開けると、と思うことはあるかな

峠を下り、青梅秩父線を飯能方面へ

キツめで短い坂を上りきると、そこが山伏峠

「さあ後は下るだけ」、と早速ワクワク気分に

しかし、下り始めは急勾配でちょっと怖い

道幅は狭く、クルマもガンガン上ってくる

そんなスリリングな場面の真っ只中…

本日の目的地「山伏BASE」に到着

一見、よくある古民家改装Caféの趣き

施設は手入れが行き届き、感じがいい

コロナ対策も相応、テラス席も充実してる

サイクリストフレンドリーなメニュー

安いし、特にジュースはヘルシーな感じ

事前調査では、かき氷も評判らしい

暑ければデザートに頼んだんだけど

オーダーは共に「塩マーボ丼」とドリンク

酸味のあるサッパリした味噌田楽がサービス

「塩マーボ丼」、まずもってボリューミー

スパイス感は十分ながら、ピリ辛感は抑えめ

酢漬けミョウガのクエン酸が身体に染みる

涼しいテラス席でいただくと余計ウマい

S山さん、食後のコーヒーでまったり

ワタシはジョッキのスタウトをグビッ

「プハー、こりゃたまらん!」

うそ笑、プレモルジョッキの冷コーでした

味も香りも本格的、これで300円は安い

店内は軽音楽が流れる癒やし空間

トイレはピカピカで気持ちいい

ご主人も女将さんも気さくで親切

機会があれば、是非再訪してみたい

帰路は青梅秩父線、飯能、入間川CR

青梅秩父線にはBBQスポットが多い

走行中、あちこちで肉の焼ける匂いがする

クルマ、バイク、自転車の交通量も多い

レストランHAMAの駐車場も満車

コロナ前の活気がかなり戻ってきましたね

安比奈親水公園にも多くの家族連れの姿

距離を取りつつ休日の日差しを楽しんでました

ワタシ達も、対策しつつ走りを楽しみましょう

またお願いします

走行距離:125km

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする