11/16月曜サイクリング(昇仙峡紅葉狩りライド)

早朝6時半過ぎ、車2台に分乗した5人は元気に出発

今回の参加者は、スーさん、T根さん、みさかママ、最年少のYGTさんと私の5人

初遠征のT根さんは、期待と不安が入り混じっています。

圏央道~中央道と順調に走れたので、9時過ぎにはデポ地の敷島総合公園に到着

天候は雲一つない快晴、風もない絶好のサイクリング日和だが、空気は冷たい。

富士山が遠くに見えています。

早速、出発準備を進め、9時半過ぎはYGT君を先頭にスタート

公園からはいきなり下る。K101に入ると緩やかな上りになり、荒川を渡って昇仙峡グリーンラインに入る。途中、自販機で水分を補給しながらひたすら上がって、再び荒川を渡るとここから本格的に昇仙峡ライドとなる。

近くには御岳天神社が鎮座していて、木々の紅葉色も最高!

左手の昇仙峡の奇岩と切り立った岩壁、彩られた紅葉を堪能しながら、写真を撮りながら、

誰かの奇声を聞きながらゆっくり上っていく。

昇仙峡入り口からは、車は入れないので大勢の観光客歩いているので、気を付けながら進む。最終地点には特徴的な岩峰のある覚円峰が聳えていた。

ここで集合写真

車道まで戻ると上りがきつくなってくる。左手に、先ほど下から見上げた覚円峰が同じ高さに大きく見える。いくつかのトンネルをくぐり、道路工事中による一時停止で休みながら上がって、ロープウェイ、土産物屋が並ぶ地区に出る。

ここで少し早いがお昼だ。以前来た時と同じ昇仙館で名物“ほうとう”を頂く。全員同じメニューだが、

一人だけ“かぼちゃ抜き”を美味しくいただきました。

食後、“仙娥の滝”を見に行くは高齢者3人 階段を下って迫力のある滝を鑑賞

グリーンラインに戻って、再び上がる。今日は、ずっと上がるのだ。1㎞も行かないうちに右折して、さらに上がると荒川ダムに到着 林道ではない解放感に包まれて気持ちのいいところだ。空は相変わらず快晴!

ダム湖(能泉湖)を一周して戻り、再び上る。1.5㎞ほどで金櫻神社に着く。

朱色の鮮やかな拝殿で「商売繁盛とライドの安全を祈願」したあと“さざれ石”や黄色い花が咲くという“うこん桜”etc.を見学

見上げると飛行機が二筋の線を真っ青な空に引いているがその音は聞こえない・・・

最後のつづら折りを上って峠に到着

稼いだ標高を一気に吐き出す待ち望んだ時がきた。距離は約9㎞ W.Bを着用して走り出す。空気は冷たいが、やっぱり下りはいいね。木々に覆われた林道をあっという間に下り、もう上りないと思っていたが、公園への少しの上りとUP-DOWNが意外にきつかったが、楽しい昇仙峡紅葉狩りは無事終了しました。

走行距離 32㎞ 獲得標高1,105m

チャリオとチャリコをたたんで積み込み、つぎの目的地は武田神社

 

武田神社は、武田三代の居館があったところで、当時の館はもちろんあるはずもないが、当時をしのばせる石垣や井戸が残されている。参拝して、御朱印をもらい、少し散策をして最後の目的地、ほったらかし温泉へ

汗を流した後、黄昏時の富士のシルエットを眺めながらしばし余韻に浸る。

帰りは高速道の渋滞もなく、20時前にはS長の出迎えを頂きました。

参加された皆さん、お疲れさまでした&ご協力ありがとうございました。

次回の遠征をお楽しみお待ちください(笑)

By K野

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする