1/13(日)山ばっか班の平地サイクリング

皆さん、ご無沙汰しております、H澤です。

昨秋から、私事でちょっと忙しく、サイクリング日記の作成をさぼっておりました。

まだまだ落ち着きませんが、無理のない範囲で作成してまいりますので、今年もよろしくお願い致します。

さて、昨日よりも、冷え込みの緩んだ今朝の集合も午前8時30分。

参加者は私を含めて4名。

Kzmさんが久しぶりに参加してくれました(調べたら、1年以上経ってました)

今日の目的地は、群馬の館林。

見沼ヘルシーロードを北上します。

弱い向かい風の中をトレインを組んで進んでいると、蓮田市で、前方左からローディーが我々の前に曲がって来ました。

あれ!?もしやッ…

前の二人が抜いて、私が抜き際に「おはようございます」と声を掛けたらば大当たり、返事の声はやっぱり〈なちゅさん〉だ!

なちゅさんともお会いするのは久しぶり。今日は朝から嬉しいことが続きます。

あまり時間がない中、ソロサイクリングに励む<なちゅさん>とは、二言三言、言葉を交わしてお別れし、菖蒲支所そばのローソンで休憩。

朝方の雲も、すっかり無くなり快晴で、かなり暖かい。

10時半には行田サイクルセンターに到着。

いつも居るネコちゃん、お安く愛想は振りまきません(-_-)

Kzmさんとはここで別れて、利根大堰(武蔵大橋)を渡れば群馬県。

工業団地を抜けて、茂林寺前から館林市街地へ。

東武佐野線を厄除け大師方面へ走れば、ほどなくして昼食場所の<鼎:かなえ>に到着。

こちらのお店、ある食べ物が有名でして、念願かなって来ることができました。

建物に入ると、正面には鎧兜。

時刻は11時10分過ぎで、先客は数名。

離れに、奥には座敷もあって、テーブル席は天井が高くて大きな梁(250席くらいあるらしいッス)

有名なのは、こちらの海老フライ。

有頭は<味噌まで愛して>って(笑)

メニューは分厚く、本鮪にふぐ刺し、金目鯛・あわびなどの海鮮類、鰻に鯉の川魚料理、すき焼きにしゃぶしゃぶ、すっぽん・もつ煮などの鍋類から揚げ物各種。

中華以外、なんでもござれ!

新鮮な海産物メニューが豊富で、埼玉とおなじ海なし県と侮るなかれ!

私の注文、<海老フライ定食:それでも大きめ>

“入”という字はエビとエビとが支え合って(笑)

H部さんの<ミックスフライ定食:海老・イカ・ひれ>とA藤さんの注文した<上ミックスフライ:海老・カキ・ひれ>

う~ん、名古屋城の鯱のような見事なエビ反り。

ご飯の器はどんぶりに近い大きさだし、シジミの味噌汁のお椀もデカいから、分かり易く手に持ってもらうと…

どうですぅ?これでも“中”サイズですヨ!

見た目から大味だと思ったら大間違い。

衣は極限まで薄く、身はプリッと高弾力で歯応え抜群なうえに味だって良いのだから、こりゃあ堪りません。

お安い値段ではありませんが、お客が損をしたと思わなければ適正ですよね。

私達が食べ終わるころには、ほぼ満席に。

お腹がいっぱいになって大満足な我々は、腹ごなしに城沼(つつじが丘公園)をゆっくり一周しました(5kmくらい)

風が穏やかで暖かく、ほんとうに気持ちいい!

そして、茂林寺を参拝。

いろんな表情のたぬちゃん達に癒されます。

復路は、武蔵用水路沿いを鴻巣へ向かって走り、さきたま古墳そばのコンビニで休憩。

てっきり、ずっと追い風を受けて走れると思っていたのに、ころころと向きを変える風に苦しめられながら、荒川CR左岸を駆けて、15時20分にみさかへ帰着しました。

ご一緒のみなさん、お疲れ様&ありがとうございました。

走行距離   101km

by  H澤

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする