4/7山ばっかサイクリング

みさかに来る前に投票を済ませてきたH澤です。

レーパンでコンビニへ入るのに勇気が必要だったのは、いつに日のことか…

今じゃ、ヘルメットを小脇に抱えりゃ、大概の場所はOKさっ

嗚呼、わたしもスレてしまったものだ

さて、本日の集合もみさかに午前8時30分。

参加者は私を含めて5名。

Oパパは山ばっか班黎明期のメンバー。

嬉しくも、2週間前より再び参加してくださるようになりました。

前回はいろいろとあったもんで、掲示板にOママからの「充電完了です」を見た時は笑ってしまいました。

東京の桜は散り始めてしまいましたが、少し北へ向かえば見頃なはず。

季節の花々を愛でにロングライドへ出発!

戸守ローソン休憩→鞍掛清流の里キャンプ場→嵐山桜堤

こんなにタイミングよく来られたのは初めてだ。

嵐山渓谷→セブン小川増尾店休憩→槻川沿い

ちょうど一年前にもここへ来ています(Oパパは初めて?)

東秩父村 赤木地区のミツバツツジ

そして、林道 栗山線を行くぜ!

登っていると、お二人のおばあちゃんが花見をしていたので、元気に「こんにちは」の挨拶。

更に、栗山支線を登る。

林道 御堂笠山線との合流地点の桜。

ここを西へ向かえば、萩平地区の里山風景。

あらぁ、ハナモモは蕾だわ…orz

それでも素晴らしい!

下山後は、県道11号線の緩やかな下りをハイスピードで駆け、落合の店で休憩。

ぬわんと、ここでH田さんに遭遇!

去年、一緒に走ったルートをソロサイクリングしてきたんだって。

この先の同行を誘ってみるも、丁重にお断りされてしまいました(涙)

落合橋から寄居に向かって数百メートルほど走ると、<虎山の千本桜>なる幟が。

右の小山に、地面から低い位置で枝を広げた若い桜がひな壇状に植えられ、駐車場へ入る見物客の車が列をなしていました。

あれェ~、去年は無かったのにいつの間に…

絶妙な勾配と距離の短さが、スピードを緩めることを許さない<かやの湯>の登り。

鉢形城公園の中を通って、荒川に架かる<正喜橋>を渡ります。

水が少なく、川底の岩盤が見えますネ。

玉淀駅から北へ少しの線路沿いに<洋食 つばき>はひっそりと在ります。

1年ぶりの再訪問で、駐輪中にも甘く香ばしい揚げ物の香りがタマラン(>_<)

注文したランチを待っている間に、快活な女将さんが漬物を出してくれました。

これが旨いのなんのって!

登りをガンバッて、汗をかいた身体に沁みるちょうどいい塩加減なんだなぁ。

そして、4人がBランチ(スタミナ焼・キスフライ・カニクリームコロッケ)でOパパがCランチ(スタミナ焼・エビフライ・イカフライ)

スタミナ焼きの肉は柔らかく、旨味凝縮のタレがこれまた絶品なんです。

付け合わせ?の素パスタに、肉からこぼれたこのタレがかかっているだけで、一人前はイケるね。

キスフライは身が厚くってフワフワのサクッだし、カニクリームはちゅるちゅる吸えるくらいの柔らかさだもん。

癖になる美味しさなのです!

女将さんに「あと30年お店を続けて!」ってお願いしてみたら、「あたしゃ、もう80だよっ」って笑ってた。

冗談抜きで、元気で少しでも長くお店を続けてほしいな。

店の外へ出ると、小粒の雨がパラパラ。

ちょうど、脇を通り過ぎる秩父鉄道に会えました。

食後は、県道30号線→R254を少し→県道81号線を東へ。

荒川大橋へ向かって右岸土手を走る。

そして荒川大橋を渡ったら、今日の目的地の一つ<熊谷桜堤>に到着。

こちらも満開で、樹の下での宴会、土手を歩きながら楽しむ人でたいへんな賑わいです。

密度が濃くて大きな花弁が美しい!曇り空で写真の写りは今一つですが、我々の記憶には深く刻まれました。

もう少し南下して、荒川パノラマ公園でも花見休憩。

最後に、脚攣り中のA藤さん。

みさかを出発後10kmほどの所で、全力で牽きまくった結果がこれだ!

ハリキリ過ぎだって…笑笑

ご一緒のみなさん、お疲れ様&ありがとうございました。

走行距離     121km

累積獲得標高     886m

by  H澤

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする