山へ行こう~♪

山ばっか班サイクリング/6月19日(日曜日)
昨晩、サイクリングの走行ルートを考えるため、駐車場の車へ地図を取りに行ったら、
ポーチの段差で足をくじいた(右足首が内側に90度曲がったヨ)おっぺけぺーなH澤です。
ああ、痛い!明日走れるの?・・・(泣)
本日の集合は、みさかに午前8時。
参加者は私を含めて4名。
A藤さん、カッコイイ新車での参加です!
<ラピエール>ベースは精悍なマットブラックなのに、何処かフランスの風を感じるデザインが秀逸です。
01 20160619
もうね、朝だからって涼しさは感じません。
もうすぐ夏至、夏の到来ですネ。
戸守ローソンで休憩した後は、高坂~葛袋~鞍掛キャンプ場
02 20160619

03 20160619
04 20160619
田中セブンで休憩したら、久しぶりに横松へ。
私の愛用ホイールはメンテ中のため、今日も借用ホイールなんだけど、インナーXファイナルローへ変速しない・・・
いくら俺がバカだって、11%超の山を34X21じゃキツイよ・・
社長、早いとこ直してね<(_ _)>
05 20160619
06 20160619
07 20160619
今日はね、決めてたんです!
「何を?」って、帝松(松岡醸造)でかき氷を食べようと。
林道 雀川上雲線の入口前を通って、松郷峠を気持ちよーく下ったら、すぐに到着。
08 20160619
09 20160619
確か、前回食べたのは3年前かな?
2年前の夏に来た時は、七夕祭りで、ここにかき氷機がなかったの。
期待に胸を膨らませ、いざ、店内へ。
10 20160619
しめしめ、お客は我らだけ。
出来上がるまで、美味しーなら漬けを試食したりして、店内を見てまわり・・・
待つこと5分。
ついにキターーーッ!!
11 20160619
12 20160619
13 20160619
14 20160619
15 20160619
16 20160619
17 20160619
18 20160619
3人が頼んだのは<夏みかん>で、私は<ピーチ>。
他には<いちご>があります。
くう~、たまらん!!
おじさんだって、甘いもの、好きなんです💛
19 20160619
20 20160619
うつわ山盛りの天然氷に、練乳+シロップ+シャリシャリ冷た~い大きな果実がゴロゴロ。
600円で手に入る幸福也。
でもね、ただ美味しいってのだけじゃなく、気の合う仲間と汗を流して、ここまで自転車でやって来たから特別なんだよネ。
帝松を後にした我々は、槻川沿いを走り、昼食前にもう一本。
林道 栗山線を、七重峠に向かって2.5kmほど登ったら、少し休んで、
25 20160619
27 20160619
28 20160619
次は、林道 栗山支線を登る。
29 20160619
そして三差路についたら、今度は、<林道 御堂笠山線>へ。
こちらの林道、滅多に車が通らないんだけど、その分あまり管理されておらず、道路に覆い被さるように繁る樹木と、
路面に散らばる枝葉が凄かった。
30 20160619
31 20160619
昼食は、前から気になっていた<和紙の里>内に在る<手打ちうどん・そば すきふね>へ。
32 20160619
33 20160619
34 20160619
12時を少し過ぎた店内は満席で、店外で待っていると、食事を終えたお客数人から、「美味しかった」の声が聞こえました。
M原さんは、きむにーさん達と来たことがあるんだって。
メニューに丼物は無し。
3人は<そば>で、A藤さんは<うどん天ぷら付>を注文。
35 20160619
このお店、”当たり“でした。
蕎麦は香りが良いし、つゆも旨い!
てんぷらはサクサク軽~い!
A藤さんに分けてもらったんだけど、うどんもコシがあって大満足♪
<和紙の里>建物内では、版画展が開催されていました。
36 20160619
食後は、ポツポツと雨の降る中を(路面は乾いた状態くらい)小川町から県道296号線にて嵐山へ、
県道344・345号線にて東松山を駆け抜け、ファミリーマート川島正直店で休憩。
37 20160619
38 20160619
川島の田園を気持ちよく走り、14時半過ぎにみさかへ帰着しました
ご一緒のみなさん、お疲れ様&ありがとうございました。
A藤さん、イイ笑顔もありがとう!
39 20160619
走行距離     103km
累積獲得標高    987m
by H澤
追伸 ・・・
嵐山で、6t位の保冷車(トラック)に幅寄せをされました。
私たちが、直線の道路左端を一列で走っていたところ、後ろから迫って来た保冷車は、
センターラインをはみ出して追い越しをしてきて、対向車が来たからって左にハンドルを切り、
先頭を走っている私の右横10cmほどの距離を、左に追いやりながら走り去って行ったのです。
(幸い、ガードレールが無かったので、逃げ道がありました)
すぐ先の信号で停車したので、声を荒げずに抗議したら、50代半ば位の男性ドライバーは、逆ギレして、こう言いました。
「左に避けなきゃ俺がぶつかるじゃねえか!」と。
この一言で、こんな馬鹿には何言っても無駄だと悟りました。
しかし、こんな奴が凶器となる車を運転してんだから、あぶねー世の中だなあ・・・
勝手に事故って死ぬのは大歓迎だけど、他人を巻き込むのはやめて欲しい。
みなさん、大東文化大前の坂を走るバスの運転手にも注意ですよ!
自転車好きの皆さんが、いつまでも健康で楽しめるよう祈念して、失礼します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする