4/22MTBトレイルライド

シーズンを締めくくるにふさわしい?最高気温29℃予想のこの日に集まった愛すべき

変態は私を含めて7名。

集合は、いつもの飯能市某所に午前9時。

早く到着してしまい、一番乗りだろうと思って駐車場へ入ったら、「スゥ~」っと澄

まし顔でY岡さんが横切った(笑)

30kmを自走とは、やはりパイセンは凄いッス!

IMGP7408

某大学脇を通って、前回覚えた林道へ。

暫く進むと、丸太の階段で左へ上がるルートがあったので行ってみることに。

何処へ出るかは何となく予想できていたけど、地図にも載ってないし走り易いかどう

かは実際に体験しないとね。

IMGP7409 IMGP7410 IMGP7411

続いても、前回覚えた谷底へと下りていく道へ。

幅が狭いうえに急勾配の下りに上りがあったりで、簡単には進ませてもらえません。

IMGP7412 IMGP7413 IMGP7414

ああっ、今日も写真がダメダメだあ…

S木さん、ごめんなさいねぇ。

IMGP7415 IMGP7416 IMGP7417

またもや、前回一緒のA藤さんとG味君以外は知らない道へ。

こちらも谷底へ下ってからの登り返し。

K藤君以外はバイクに乗って進もうとは微塵も考えません。

IMGP7418 IMGP7419 IMGP7420 IMGP7421

10時を過ぎたので見晴らしの良い所で<もぐもぐタイム>

K藤君だけは初めてなので展望台へ。

IMGP7422 IMGP7423

知っている整備された道を下るのはツマラナイので、さっき、ちらっと見掛けた脇

道にて下山し、県道を横断して隣の山へ。

ここでも、地図を頼りにルートの新規開拓。

少し進むと、右に怪しい脇道を発見。

直進は出る先が予想できているので、「どうする?」ってみんなに尋ねてみた

ら、<冒険>に決定!

私が先頭で進むと、次第に枝葉が覆い被さるようになり、終いにゃ道の境目が分

からないし、何度もクモの巣が顔面に張り付く始末。

歳を重ね、いろんなことに冒険をできなくなったオジサンには、新鮮でなんと

愉しいことでしょう!

IMGP7424 IMGP7425

自作の地図を見て、道を外れないよう(人生もネ)注意しながら、

IMGP7426

前回覚えた道を惜しげもなく披露して、

IMGP7427 IMGP7428 IMGP7429

写真じゃ伝わらないけど、けっこう厳しい登りなんです!

A藤さんは、先日の飲み会の影響らしいッス…(笑)

IMGP7430 IMGP7431

G味君、1度目は足を着いちゃったんで再挑戦(エライ!)

見事にクリア。

K藤君は出来て当たり前なんで、もっと凄いパフォーマンスをしなきゃ誰も驚

かないゾ…

IMGP7432 IMGP7433

川沿いの木陰で昼食。

みんなが背負ってるバックパックには、携帯バーナーにコッヘル、食料とおや

つに水が入ってて、私は怪我をした時のための救急セットも常備しています。

IMGP7434

長いこと探していたルートの入口は、勾配20%超の木の根が洗濯板

(若い人は知るまい)状になったとんでもない道でした。

しかも距離が長え~よ。

IMGP7435

今日は、身体が慣れていない暑さの中をそこそこ速いスピードで駆け回った

ので、早めにお開きとしましょう。

IMGP7436

今回、同行してくれた皆さんのお陰もあって、沢山の<気になっていた道>

<新しい道>を自作地図に書き加えることが出来ました。

ご一緒のみなさん、お疲れ様&ありがとうございました。

走行距離     26km

累積獲得標高   549m(もっと登った気がする…)

次は秋かな?

随時、仲間募集中です。

広報担当 H澤

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Y岡 より:

    招集&早速のアップありがとうございます。
    いや~アベレージスピードの高いライドで、皆さんをお待たせばかりしてすみませんでした。自分ではうまくなっていると思うのですが、それ以上に皆さんの進化が速いようです。ちなみにうちのガーミンちゃんでは獲得標高は792mでしたよ。秋までにコースの開拓に努めます。